こころ コンプレックス 家で生きる

汗が多い人はどうすれば不自由なく生きられるか【多汗症が出した結論】

こんにちは、ゆうくんです。

汗が多い人はどうすれば不自由なく生きられるかを解説します。

結論から言うと、

・普通の人より生きにくいことは事実
・汗が多い人でも、工夫することで今より楽になれる

僕は子供の頃からずっと、全身重度の多汗症です。

機能素材のスポーツウェアを着てもこのザマです。

汗が多いことに苦しめられてきたので、対策はお任せください。

健康的に対策することを目標にしているので、

なるべく手術に頼らずに改善する方法です。

順番に解説していきます。

汗が多い理由を知って、対策の方向性を決めよう

汗が多いのは

汗をかくことを体と脳が必要だと思っているから

です。

例えば、以下の3タイプの多汗症の人がいるとします。

・太っていて脂肪が分厚い人
・体温が急に上がりすぎる体質の人
・必要以上に緊張してしまう人

これらのタイプの人は、それぞれ全く別の理由で汗が多いのは明らかです。

汗が多いけど全然太っていない人が、
脂肪を燃焼させる対策をするのは逆効果ですよね?

汗が多い理由が何なのか

まず考えてみてください。

自分に合った効果的な対策を見つける第一歩です。

汗が多いのは病気のせい?

汗が多いのが病気じゃないとわかれば、ひとまず安心できますよね。

汗が多い他に

・体のどこかが痛い
・心拍数を下げられない

といった他の症状があれば、 病気かもしれないと医師に相談した方がいいでしょう。

当てはまらない場合は他の理由を探してみましょう。

代謝がよすぎるのでしょうか?

汗が多いのは代謝のせい?

汗が多い理由が「代謝がいい」だけの人は、
手術などで無理に汗を抑えてしまうのはリスクが大きいです。

体の一部が変わると、必ず別の部分に何か変化が起きます。

例えば手汗がひどくて手術したら、
手の汗はおさまったけど全身から汗が多く出るようになった

なんてことになったら最悪じゃないですか。

汗が多いのを手術で治そうという発想は
ランダム改造ガチャを引く、くらいリスクがあります。

汗が多い原因が代謝の場合は、食品などで代謝を抑えるのが効果的です。

例えば、主食を米からパンに変えるだけで冷えやすい体になります。

では、運動で極端に汗を多くかいてしまう場合にはどうしたらいいのでしょうか。

汗が多いのをどうにかしたい!(運動時)

汗を多くかいてしまうのが運動をした時であれば、

まわりも汗をかくので多少は気が楽です。

とはいえ、他の人より汗まみれになってしまうのも事実。

すぐ効果がある対策は

・こまめに汗を拭く
・こまめに着替える

くらいしかありません。

しかし、正しい服を選びさえすれば無駄に大変な思いをしなくてすみます。

ここから先は、オススメ対策グッズ含め具体的な対策をまとめて解説します。

汗が多い場合の対策

・体に入れる食品や飲み物などで「汗をかきにくい状態にする」対策

・服と制汗スプレーで「汗をどう快適にするか」対策

・手術で汗腺を治療
→リスクがあるのでオススメしません。
 体は何かが制限されると他の何かの状態が必ず変わってしまいます。

まとめ

・自分がどのタイプの多汗症なのか知っておく
・汗が多い場合は手術ではなく、服などで対策する方がリスクが少ない。
・自分に合った機能性素材の服を着る

このブログ(亜空間ベース)では僕たち夫婦が日々の幸せを発信していきます。
趣味、お金の勉強、健康に関することが多めです。

-こころ, コンプレックス, 家で生きる

Copyright© 亜空間ベース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.