ゲーム 家で遊ぶ 趣味

PS4とSwitchを切り替えたい時、HDMI分配器がダメな理由【1000円でケーブルだけ買えば安心です】

PS4とSwitchを切り替えたい時、HDMI分配器がダメな理由

こんにちは、ゆうくんです。

こんな悩みを解決します。

・PS4もNintendo Switchもプレイしたい
・テレビのHDMI端子が足りないので、どのHDMI分配器を買うべきか迷っている

結論から言うと、

・HDMI分配器ではなくHDMIケーブルを買った方がいい
・理由は「これなら絶対安心」という分配器がなく、環境によっては使えないことがあるから
・テレビのHDMI端子が裏側にあるからたいへんなので、ケーブル使って前で切り替えできれば分配器より安定するし安い

順番に解説します。

PS4とSwitchを両方使いたいけど、テレビのHDMI端子が足りない時の解決方法

PS4とNintendo Switchを両方使いたい場合、

テレビのHDMI接続端子が2つ必要です。

テレビのHDMI接続端子は2つ付いている場合が多く、

1つをBlu-rayレコーダーなどにつないでいると、

PS4とNintendo Switchを同時に接続できません。

この問題を解決しようと調べると、まず

「HDMI分配器(スプリッター)買わなきゃ!」

という考えになります。

しかしちょっと待ってください。

僕も同じ考えでHDMI分配器について調べました。

ですが、

何も調べずにHDMI分配器を買うと、

結局損をするかもしれません。

その理由を解説します。

PS4とSwitchを切り替えるHDMI分配器は何が問題なのか

PS4とNintendo SwitchをHDMI分配器に接続する場合の問題点は、

動作が不安定になる

ということです。

いくつかのHDMI分配器のレビューを調べてみるとわかりますが、

これ買っておけば絶対安心

という分配器はなく、どのHDMI分配器でも、

画面が映らない

という問題が起きています。

特にSwitchは映るけどPS4は映らない、という問題が多いようです。

分配器は大きくわけて

・セルフパワー型
・バスパワー型

の2種類があります。

ざっくり言うと、

・セルフパワー型
→動作は安定するが高い(3000円~)
・バスパワー型
→動作は不安定で安い(1000円~)

こんな感じです。

調べてみたら、動作が安定するセルフパワー型でも

映らなくなっている報告がありました。

つまり、

どんなにHDMI分配器にこだわったところで、

自宅の環境によって使えない可能性はあるということです。

安定した環境でゲームがしたい場合は、

HDMI分配器を使うこと自体を見直さないとダメかもしれません。

僕は安心してゲームしたいので、

他に安定した方法がないか調べました。

PS4とSwitchを切り替えるには、HDMI分配器ではなくHDMIケーブルがオススメな理由

PS4とSwitchをHDMI分配器で切り替えようとしてる人に聞いてみたいのですが、

1日どのくらい切り替えますか?

たぶん、多くても4~5回だと思います。

個人的には、

あまり多くないな、という印象です。

どうでしょう。

動作を不安定にしてまで、分配器を使いたいですかね?

少し違った視点で考えましょう。

問題なのは、

テレビのHDMI端子が裏側にあるせいで、いちいちつなぐのが面倒

なことですよね。

だったら30cmくらいのHDMIケーブルで延長して、

テレビの前でつなぎ替えられれば、全然不便じゃないはずです。

しかも

HDMIケーブルはHDMI分配器よりシンプルな構造なので、故障しにくいです。

注意点としては、

PS4に対応していないHDMIケーブルだと映らない可能性があるので、

レビューなどを参考に、PS4で使えることを確認した方がいいです。

我が家では僕がPS4、妻がNintendo Switchをプレイするので、

ずっと前からこの方法で故障ゼロです。

まとめ

・HDMI分配器ではなくHDMIケーブルを買った方がいい
・理由は「これなら絶対安心」という分配器がなく、環境によっては使えないことがあるから
・テレビのHDMI端子が裏側にあるからたいへんなので、ケーブル使って前で切り替えできれば分配器より安定するし安い

このブログ(亜空間ベース)では、僕たち夫婦が家で稼いで生活するための情報を発信していきます。

-ゲーム, 家で遊ぶ, 趣味

Copyright© 亜空間ベース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.