こころ コンプレックス 家で生きる

天然パーマができるカッコいい髪型はたった2種類だけ【残念な事実を天パが解説】

天然パーマができるカッコいい髪型はたった2種類だけ

こんにちは、ゆうくんです。

こんな悩みを解決します。

・天然パーマのせいでヘアスタイルを楽しめない
・天然パーマでもできるカッコいい髪型を知りたい

結論から言うと、

・天然パーマの人が無理なくできる髪型は2択で、「クセが目立たない長さでスキンフェード」か「縮毛矯正をかけてサラサラのミディアム」
・天然パーマの人が最も注意すべきは、髪のパサつきを抑えること

解説します。

天然パーマは髪型を選べない

この記事は天然パーマの人向けの記事です。

天然パーマの人なら「天然パーマ 髪型」とかでググって

「これのどこが天然パーマなんだ!」

と検索結果に絶望したことがあるはずです。

思い当たるふしのない人は、天然パーマではなく単なるゆるいクセ毛です。

クセ毛の人には、この記事はあまり参考にならないかもしれません。

重度の天然パーマだとどんなに時間をかけてセットしても、

強力なクセの力で「よくわからない自分ヘアスタイル」に戻ってしまいます。

なので、ヘアカタログなどに載っているいい感じの髪型は99%のものができません。

ヘアアイロンを使えばある程度どうにかできますが、

・毎朝ヘアアイロンを使うのは時間の無駄
・そもそもヘアアイロンが使えない体質(多汗症など)

などの理由で、カッコいい髪型の現実的な落としどころとしては、

①天然パーマが目立たないレベルまで短くする

②縮毛矯正をかける

しかありません。

それぞれ詳しく解説します。

天然パーマが目立たないレベルまで短くする

短くすると言ってもボウズまでする必要はなく、

一番長い部分にクセが出ないギリギリの長さになっていればOKです。

具体的には、ヘアサロンで「スキンフェードっぽくして」と言えばやってくれます。

縮毛矯正をかける

①②共通の注意すべきポイント

①、②の両方に共通して言えることは、

髪のウェット感を出すべき

ということです。

お風呂上がりの自分の髪思い浮かべて下さい。

濡れている状態の方がクセは弱まることがわかりますね。

つまり、天然パーマだとストレートの人よりパサつきでクセが目立つため、

ハッキリ言ってしまえば汚らしく見えます。

天然パーマの人に必要なのは、

直毛になりそうなキャッチコピーのヘアケア商品ではなく、

髪のパサつきを抑えるヘアケア用品です。

まとめ

・天然パーマの人が無理なくできる髪型は2択で、「クセが目立たない長さでスキンフェード」か「縮毛矯正をかけてサラサラのミディアム」
・天然パーマの人が最も注意すべきは、髪のパサつきを抑えること

このブログ(亜空間ベース)では、僕たち夫婦が家で稼いで生活するための情報を発信していきます。

-こころ, コンプレックス, 家で生きる

Copyright© 亜空間ベース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.